このなかで、韓国のNGO・北朝鮮人権市民連合のキム・ソヒ常任幹事は、脱北女性たちの人権が侵害されている実態を報告した。

脱北女性の人権侵害については、これまでも当事者から告発されている。例えば、脱北して現在は韓国在住のキム・チャンミさんは2007年に中国へ逃れたが、北朝鮮に強制送還され、拘留場、集結所、教化所に収監された。

この時、彼女は、北朝鮮の収容施設で当局幹部により性的虐待され、妊娠させられ、さらに麻酔もせずに中絶手術をされたというのだ。

(参考記事:刑務所の幹部に強姦され、中絶手術を受けさせられた北朝鮮女性の証言])

今回の討論会では、中国で妊娠した脱北女性たちが北朝鮮へ送還される場合、強制的に中絶手術をされるケースが多いとも報告された。