北朝鮮の労働新聞は15日、米韓が13日から開始した合同軍事演習「キー・リゾルブ」と既に実施されている「フォール・イーグル」に対して、「公然たる宣戦布告」と非難する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、米韓合同軍事演習によって「朝鮮半島と北東アジア地域で核戦争勃発の危険が極度に増大している」と指摘した。

また、「米国とかいらい逆賊一味こそ核戦争の狂信者、極悪非道な平和の破壊者である」としながら、「(米韓が)核戦争の挑発を既定事実化し、それに拍車をかけているというのが明白になった以上、われわれが無為無策で座視するということは言葉にならない」と強調した。

そのうえで、「米帝と南朝鮮のかいらいがわが共和国の自主権が行使される神聖な領土と領海、領空にたった一点の火の粉でも落とすなら、われわれの火星砲は侵略と挑発の本拠地を生存不可能にことごとく焦土化してしまうであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国と南朝鮮のかいらい逆賊一味は平和の破壊者

【平壌3月15日発朝鮮中央通信】15日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習は北侵核戦争の火を付けようとする米国と南朝鮮かいらいの凶悪な企図の発露として共和国に対する公然たる宣戦布告であると暴いた。

論説は、この合同軍事演習が全面戦争の火ぶたを切る雷管にならないという保証はどこにもないとし、次のように強調した。

明白なのは、この戦争演習の強行によって朝鮮半島と北東アジア地域で核戦争勃(ぼっ)発の危険が極度に増大しているという事実である。

米国とかいらい逆賊一味こそ核戦争の狂信者、極悪非道な平和の破壊者である。

米国と南朝鮮のかいらいが核戦争の挑発を既定事実化し、それに拍車をかけているというのが明白になった以上、われわれが無為無策で座視するということは言葉にならない。

われわれに反対する侵略と戦争策動の度合いが強まるほど、正義の核の霊剣で敵対勢力の挑発策動を粉砕するためのわれわれの超強硬措置はより度合い強く多発的に、連発的に取られるようになるであろう。

もし、米帝と南朝鮮のかいらいがわが共和国の自主権が行使される神聖な領土と領海、領空にたった一点の火の粉でも落とすなら、われわれの火星砲は侵略と挑発の本拠地を生存不可能にことごとく焦土化してしまうであろう。

これは、決して空言ではない。

米国と南朝鮮のかいらいは怒号するわが千万軍民の敵撃滅の意志を直視して軽挙妄動してはいけない。

    関連記事