トランプ氏やそのブレーンたちも、「北朝鮮の人権問題は重大だ」くらいのことは言うかもしれない。しかしその度に、人々は彼の発してきた人種差別的な言葉の数々を想起するだろう。北朝鮮に対する人権包囲網が、これまでに比べ真剣味の薄れたものになるのは大いにあり得ることだ。

それでも、この間に成し遂げられた北朝鮮の人権問題に対する取り組みが、大きく後退することはないだろう。トランプ政権は数年で終わるだろうし、その間に金正恩体制の人権犯罪が忘れ去られることもない。

いま重要なのは、北朝鮮の人権侵害の責任者たちを追及するその時に備え、事実の記録を蓄積しておくことかもしれない。

    関連記事