北朝鮮の労働新聞は9日、署名入りの論説で「(米国が)南朝鮮の反統一勢力を同族対決と戦争へあおり立てる」としながら、「時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回すべきである」と主張した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論説は、「国の統一問題は徹頭徹尾、朝鮮民族の内部問題として、誰もこれに干渉する権利がない」と指摘。

また、「祖国統一の問題に対する外部勢力のいかなる形態の干渉も、わが民族には不幸と苦痛だけを増やす禍根になるだけである」と主張した。

さらに、「米国は、朝鮮民族の統一意志を直視して南朝鮮の反統一勢力を同族対決と戦争へあおり立てる民族離間術策にこれ以上執着してはならず、時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回すべきである」と強調した。

そのうえで、「北・南・海外の全同胞は、内外の反統一勢力の挑戦を粉砕するための全民族的闘争を力強く展開しなければならない」とアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 反統一勢力の策動を徹底的に粉砕すべきだ

【平壌1月9日発朝鮮中央通信】9日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、内外の反統一勢力の悪らつな挑戦を民族団結の力で断固と粉砕し、祖国統一偉業を引き続き勝利に向けて前進させていかなければならないと明らかにした。

論説は、国の統一問題は徹頭徹尾、朝鮮民族の内部問題として、誰もこれに干渉する権利がないと主張し、次のように指摘した。

歴史的教訓は、民族内部問題に外部勢力が干渉すればその解決がいっそう難しくなり、複雑さだけが生じるということを示している。

わが民族の意思は黙殺して自分らの一方的な利害関係に従って朝鮮の分裂を助長させてきた外部勢力が、今になってわが民族に統一を与えるはずがない。

祖国統一の問題に対する外部勢力のいかなる形態の干渉も、わが民族には不幸と苦痛だけを増やす禍根になるだけである。

米国は、朝鮮民族の統一意志を直視して南朝鮮の反統一勢力を同族対決と戦争へあおり立てる民族離間術策にこれ以上執着してはならず、時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回すべきである。

北・南・海外の全同胞は、内外の反統一勢力の挑戦を粉砕するための全民族的闘争を力強く展開しなければならない。

国と民族を愛し、統一を志向する全民族が一丸となって立ち上がればできないことがない。

外部勢力と売国奴がいくら反統一策動に狂奔しても、同胞の力にかなうことはできない。

    関連記事