こうしたなか、オバマ氏の対北朝鮮政策を維持するであろうヒラリー・クリントン氏が敗北して、今後の政策が見直される可能性が出てきた。さらに、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は知人女性が国政に介入した疑惑、いわゆる崔順実ゲートで窮地に陥っている。

金正恩氏にとって決して悪くない成り行きだ。しかし、この状況が続くわけでもないだろう。

繰り返すが、日米韓の軍事面におけるつながりはかつてないほど強固だ。ネガティブな報道がされがちの日韓関係も軍事面では必ずしもそうではない。

    関連記事