また、別の現地情報筋によると、脱北が行われる可能性が高い地域を優先して、鉄条網の復旧作業を急いでいるとのことだ。

情報筋は「村の人々は北朝鮮から人が大勢やってきて、強盗や殺人を犯すのではないかと不安になっている」と語る。これまでも、飢えた脱北兵士による強盗、略奪事件が多発し、昨年3月には人質を取った籠城事件まで発生。当時、デイリーNKはその生々しい逮捕現場を捉えていた。

(参考記事:独占入手!中国軍に制圧・連行される「北朝鮮脱走兵」の現場写真

また、一部の北朝鮮軍人と中国の犯罪組織が結託した組織的な人身売買などが横行している。

    関連記事