昨年、北朝鮮の朝鮮中央テレビは、金正恩党委員長が、スッポン工場を現地指導した際、管理不十分という理由だけで、責任者を処刑し、さらに処刑直前の激怒の動画まで公開した。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導

こうした動画を公開する理由は、金正恩氏に逆うことの恐ろしさを植え付けるためとみられるが、こんな映像を見たがる人々はいないだろう。

さらに、魅力的な娯楽コンテンツが少ないことから、韓流ビデオは拡がった。

    関連記事