北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、ベラルーシの首都ミンスクに同国駐在大使館を新たに開設したと報じた。一方、聯合ニュースは韓国外務省関係者からの情報として、ベラルーシ政府は北朝鮮大使館の開設を否定しているという。

報道を総合すると、北朝鮮外務省のオ・スンホ第3局長がベラルーシを訪問し、同国外務省アジア・オセアニア局のアンドレイ・グリンケビッチ局長と大使館開設を協議した事実はあるものの、ベラルーシ政府が開設を公式に発表したわけではない模様だ。

北朝鮮は1992年にベラルーシと国交を結んだが、駐在公館は貿易代表部を置くにとどまっていた。

    関連記事