朴氏はまた、対北朝鮮制裁の効果的な履行や核問題の解決で中国の役割が重要であることを踏まえ、両国がさまざまなルートを通じて中国側と引き続き協議していくと説明。北朝鮮の人権改善は統一に向けた重要な土台になるとして、人権問題で金正恩体制の責任を問い続ける姿勢も示した。

    関連記事