人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

メーカー側はYTNの取材に「車に異常はなかった」としているが、外部の専門家は「運転者のミスである可能性はほとんどない」と言い切っている。事故原因については警察が精査中だが、いずれにせよ注目されるのが、事件に対する朴槿恵政権の対応だ。

多数の死者を出した「殺人加湿器」問題で、再び安全行政の在り方が問われている今、朴槿恵政権が民間、それも韓国経済の牽引役である現代自動車の問題にどこまでメスを入れられるかに、国民の関心が集まるだろう。対応が中途半端だと、議会で多数派の野党からの猛攻を招き、朴槿恵政権のレームダック化がいっそう加速する。

(参考記事:金正恩氏が「落ち目」の韓国を飲み込む日

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事