人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

南北の「舌戦」は大なり小なり感情的な要素を含んではいようが、国家の指導部が戦術として行っている可能性が高い。

その目的は、ひとつは国内に対する「強気」のアピールであり、もうひとつは相手に対するメッセージの伝達だろう。そしてそのメッセージとは、「アナタの任期中には対話などする気はない」といったものであるはずだ。

韓国政府は久しく前から、北朝鮮の国家的な人権侵害を追及してきた。この問題にもっとも神経質になっている正恩氏が、朴槿恵政権と本気で対話する可能性はそもそも低かった。

朴氏の任期は、残り約2年。今後、朝鮮半島情勢はいっそう緊迫の度合いを深めていくかもしれない。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事