両国はこの作戦概念に基づき、偵察衛星や無人偵察機などを用いた監視・偵察(ISR)活動を通じ、北朝鮮の核・ミサイル基地の動きを常に監視。有事の徴候をつかみ、素早く攻撃兵器の使用に移行する体制を目指している。

    関連記事