情報筋によると、処刑された人物の家族はいつの間にかどこかに消え去るのが常だが、今のところ、処刑された総監督らの家族は平壌に残っているという。しかし、外出している様子がうかがえないことから軟禁状態にあると見られ、まもなく収容所や山奥に送られる可能性が高いと伝えた。

こうした行為は体制の権威、つまりは最高指導者の権威を恐怖によって維持することを目的にしており、金正恩氏に対する責任追及は当然であると言えるのだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事