その思考そのものが異常というべきものだが、海外に拉致工作員を派遣し、決して簡単ではなかろう作戦を決行してまで意思を貫徹するとは、その行動力には愕然とさせられる。

北朝鮮で行われている人権侵害はどれも酷いが、その中でも拉致問題は、あの体制の錯乱した思考の産物だと言える。

どうして、そんなことをしたのか?――国際社会からのこうした問いにまともに答えられないために、北朝鮮は人権問題からいっそう目を背けているようにも思える。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事