例えば中国製の新品の服は、中国での卸値に流通費が加算されるためあまり安くならない。一方、古着には決められた値段がないため、中国で安く買い取って北朝鮮で自由に値段設定ができる、つまり儲かるわけだ。北朝鮮では、流行の服も高級な服も種類が多くないため、強気の値段設定でも飛ぶように売れるという。

こうしたなか、日韓の古着が「富の象徴」になり、さらに「ボロ布」から「高級服」と認識が変わった。逆に北朝鮮製の新しい服は「安物」と呼ばれる。

例えるなら日本のヴィンテージブームのようなものだ。米国で二束三文で売られていた古着のデニムやシャツなどが、日本に輸入され「ヴィンテージ」「ユーズド」として信じられないような価格がつけられることがしばしばある。北朝鮮でも違った形で「古着市場」が確立しつつあるようだ。

    関連記事