北朝鮮が「韓国のスパイ」と発表した男性の記者会見の様子/朝鮮中央通信
北朝鮮が「韓国のスパイ」と発表した男性の記者会見の様子/朝鮮中央通信

さらに、朝鮮中央通信が報じた陳述詳細によれば、彼らは韓国の国家情報院の偽装活動拠点として中国・丹東にある企業や飲食店の名前を複数挙げているほか、有事の際に韓国軍が北朝鮮に浸透する際の取組みを「花豚事業」のコードネームの下に支援したと告白。国家情報院が作成した偽造紙幣や金正恩氏を冒とくする漫画、エロビデオや韓流映画を記録したフラッシュメモリーなどを北朝鮮に投入したともしている。

    関連記事