朝鮮人民軍 海外戦記/ベトナム編(4)

ベトナム戦争においては、北朝鮮の戦闘機パイロットが米軍機を撃墜するなどして活躍した。金正日政権において国防委員会第一副委員長となった趙明禄(チョ・ミョンロク)も、ベトナム戦争に参戦した空軍将兵の一人であったと考えられている。2010年に死去するまで国防委員会において金正日に次ぐ要職を占めるなど、政権の最高指導層の一人でもあった。

趙明禄は、空軍のキャリアを経験した北朝鮮の軍人の中では、呉振宇(オ・ジヌ)や呉克烈(オ・グンリョル)などと並んで海外でもよく知られた人物であった。ただし、呉振宇が抗日パルチザン出身者であり、呉克烈が抗日パルチザンであった呉仲成(オ・ジュンソン)の息子であるのに対して、趙明禄は抗日パルチザンとの関係が確認できない。

北朝鮮では、抗日パルチザン出身者やその子孫が政治的に優遇されてきたが、趙明禄はそうした背景がないにもかかわらず、最高指導層の一角をなすまでに出世したのである。

それにしては、趙明禄の「ベトナム戦歴」は詳らかにされていない。今のところ、彼がベトナム戦争と関係のあったことを示した北朝鮮の対外発行物は、2012年に発刊されたドキュメンタリー小説である『運命』のみであろう。

祖国での冷たい仕打ち

そればかりか、趙明禄の映像伝記である『先軍革命同志、国防委員会第一副委員長であった趙明禄』では、ベトナム戦争のことが語られなかったばかりでなく、戦争の最中である1969年に体制内で批判されたとされている。

    関連記事