人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次の通り。

崔善姫外相が談話を発表

【平壌11月21日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国の崔善姫外相は20日、次のような談話を発表した。

グテレス国連事務総長が18日、米国の重大な軍事的威嚇に対処したわれわれの合法的かつ正当な自衛権の行使をまたもや「挑発」と言い掛かりをつけた。

最近、私は国連事務総長がホワイトハウスや国務省の一員ではないのかと錯覚する時が多い。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

私は、国連事務総長が国連憲章の目的と原則、そして全ての問題において公正性と客観性、衡平性を堅持しなければならない本然の使命を忘却し、極めて嘆かわしい態度を取っていることに強い遺憾を表す。

われわれは、近来に国連事務総長が公正性と客観性に立脚して朝鮮半島問題を考察することについて警告したことがある。

私は、米国主導の連合軍が一年中、朝鮮半島と周辺で核戦略資産を動員した挑発的な核戦争試演を次々と繰り広げたことによって朝鮮半島に今のような一触即発の対決状況が誘発されたということについて国連事務総長が知って余りあると思う。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

われわれは、米国と追随勢力の危険な対朝鮮軍事共助の動きのために招かれた朝鮮半島と地域の懸念を呼び起こす安保環境の中でわれわれが不可避に自体防衛のための必須の行動措置を取るしかなかったということについて明白にしたし、米国が災難の悪結果を願わないなら軽挙妄動してはならないという明らかなシグナルを送った。

にもかかわらず、国連事務総長がこれについて挑発をしかけてきた米国ではなく、逆にわれわれに挑発のレッテルを貼り付けたことに私は、唖然と慨嘆を禁じ得ない。

国際社会は、朝鮮半島と地域の平和と安定が維持されるには地域で発生する全ての災難の根底に潜んでいる米国の挑発的な軍事行動から抑止され、中止されなければならないという方に声を高めるべきであろう。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

米国を首かいとする追随勢力がわれわれの不可侵的な主権行使を国連安保理に上程させてわれわれを圧迫しようと画策することを黙認したこと自体が国連事務総長が米国のカカシであることを否認できないように証明している。

私は、朝鮮民主主義人民共和国が明白な対応方向を持って米国と国連安保理の動きを見守っているということを想起させる。

    関連記事