北朝鮮軍「エリート部隊」で起きていた隠微な不祥事

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮では、政治的に重要な意味を持つ日の前後は一切の事件・事故の発生が許されない。お祝いムードや厳かな雰囲気を乱すというのがその理由だが、今月8日の故金日成主席の命日を控え、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の基地から3人の兵士が脱営(脱走)する事件が起きた。

デイリーNKの朝鮮人民軍内部の情報筋によると、中国との国境に程近い平安北道(ピョンアンブクト)東林(トンリム)に駐屯する第8軍団の125軽歩旅団で、新兵教育を終えて配属されたばかりの10代の兵士3人が脱走した。

北朝鮮軍では、暴言や暴力、性暴力や飢えに耐えかねて逃げ出す事件はしばしば起きている。また、今回の脱走の起きた部隊が国境に非常に近いことから、中国に脱北した可能性も考えられる。そうなれば、さらに大事件となる。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

また、執拗なイジメに耐えかねて、加害者を殺害するという事件も起きている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ちなみにこの部隊、軍事パレードのときに「核リュック」を背負って行進していたエリート部隊だ。

(参考記事:金正恩「精鋭部隊」で相次ぐ犠牲…ミサイル発射の裏で

脱走の動機は、上官の行き過ぎた訓練と暴言だった。

上官である分隊長は、体を鍛えるとの名目で、夜の点呼が終わった後にも、彼らを呼び出して腕立て伏せ、格闘技の訓練、長時間のランニングなどを強いていた。「つらい」と愚痴をこぼそうものなら、「軍人に『はい』以外の答えはない」「普段の訓練もまもとにできないのなら、有事の際には逃げ出すだろう」などと言って、より一層厳しい訓練を課した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

このように、度を越した訓練を夜中まで行うことは日常茶飯事で、「分隊長の命令を一つもまともに執行できていない」「真の軍人にはまだまだだ」などと罵り、様々な雑用を強いるなど、ひどい目に遭っていた。

さらに、勤務生活総和(総括)では「訓練に誠実に臨んでいない」「分隊と分隊長の名誉を傷つけた」などと批判を受けていた。

3人が逃げ出したのは、その翌日のことだった。部隊では、軍官(将校)と下士官がグループを作り、捜索に乗り出した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

情報筋は、「兵士たちは最近、まともに食事も取れていない状態で訓練をさせられ、疲労困憊しているのに、罵倒されひどい目に遭わされて脱走しない者がどこにいる」と同情を示した上で、金日成氏の命日を控えて起きた事件だけあって、通常より重い扱いとされ、部隊の幹部に対する処罰は避けられないだろう。

    関連記事