「正気の沙汰とは思えない」北朝鮮国民、金正恩演説にア然

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の首都・平壌では先月末朝鮮労働党第2回初級党書記大会が開催された。党組織の末端から2番目の初級党のトップを集めて行われた今回の大会では、その機能と役割が強調され、金正恩総書記は演説で、「人民に仕え、真心を尽くして思いやる忠僕になる」「人民の党、忠僕党の真の政治活動家になれ」と求めた。

だが、その実態は人民に仕えるどころか、馬鹿にされるような有様だ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

(参考記事:「国家の富強に献身を」朝鮮労働党初級党書記大会が閉幕

平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)の情報筋は、初級党書記大会の報道を見た市民の反応として、「初級党幹部に何の力があって人民をまともに支えられるのか。正気の沙汰とは思えない」と唖然としていると伝えた。

情報筋は、初級党がまともに機能するには、その傘下にある最末端組織の細胞のトップである細胞書記がすべきことをしなければならないと指摘した。

だが彼らは、党の政策の先導や実行などとてもまともにできる状態ではない。収入が得られないため、まともに生計を維持すること自体が難しく、日々の糧を確保するにも難渋しているのだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

かくして細胞はまともに機能していない。

「月給も得られない工場に細々と出勤しなければならない党の細胞書記は、リアカーを引く荷物の運び屋よりも貧しく、細胞書紀の権威は地に落ちるばかりだ」(情報筋)

(参考記事:北朝鮮国民が鼻で笑う、朝鮮労働党「末端細胞」での力の逆転現象

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

平安南道(ピョンアンナムド)殷山(ウンサン)の情報筋も、細胞書記の貧困について語った。

大会は、党の基層組織として責任を追っている初級党書記の役割と機能をより強化し、党の唯一指導体制を強化する意図で開催され、組織を支える初級党書記は真の母親の心情で人民の忠僕になれと強調された。しかし彼らは家族を養うのに精一杯で、予算がなく何もできないという。

情報筋は、「書記本人たちが腹をすかせているのに、人民にコメの飯一杯でも与えられる立場にいる者がどれほどいるのか」と指摘。彼らの知識と言えば古臭い思想のことばかりで、商売一つできず、商才のある工場や企業所の従業員から馬鹿にされる有様だと説明した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

おおよそすべてのことがカネで解決できる北朝鮮では、拝金主義が横行している。本来、人民の先頭に立ち、大衆を率いるべき立場にある細胞書記、初級党書記だが、カネも稼げず、まともに活動もできないことで、鼻で笑われる存在になってしまったのだ。

    関連記事