同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省のリ・テソン米国担当次官の談話

【平壌12月3日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のリ・テソン米国担当次官は3日、次のような談話を発表した。

われわれが米国に示した年末までの時限が、日一日と迫っている。

しかし、米国はわれわれの先制措置に応えて動こうとはせず、いわゆる「持続的かつ実質的な対話」をうんぬんして自分らに必要な時間稼ぎに執着している。

米国が主張する「持続的かつ実質的な対話」とは本質上、われわれを対話のテーブルに縛っておいて国内政治情勢と選挙に有利に利用するために考案した愚かな小細工にすぎない。

米国が窮地に追い込まれるたびにオウムのように唱える対話うんぬんをわれわれは耳にたこができるほど聞いてきたし、もうこれ以上、そのような言葉に耳を傾ける人はいない。

われわれが今まで、全てのことを透明性があるように公開的に行ってきたように、これからわれわれがやるべきことについてもあえて隠そうとしないので、われわれは年末時限が迫っているという点を米国に再び想起させるのである。

われわれはこれまで、最大の忍耐力を発揮してわれわれが先制に取った重大措置を壊さないように努力の限りを尽くした。

今残ったのは米国の選択であり、迫るクリスマスのプレゼントとして何を選ぶかは全的に米国の決心次第である。---

    関連記事