「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身

日本でも注目されている韓国のベストセラー本『反日種族主義』が、引き続き売れている。ソウルにいるデイリーNKジャパン記者によれば、ソウル市中心部の大型書店で今週も総合ランキング1位である。

[caption id="attachment_125739" align="alignnone" width="180"]ソウルの大型書店でベストセラー1位の『反日種族主義』(デイリーNKジャパン) ソウルの大型書店でベストセラー1位の『反日種族主義』(デイリーNKジャパン)[/caption]

李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学名誉教授ら、6人の学者の共著である同書のテーマをざっくり言うと、「歴史問題に関する嘘や無知、誤解に基づく韓国の『反日』は、未発達な精神文化の表れであり、これを克服しなければ韓国社会の発展はない」というものだ。

最近の韓国社会の雰囲気とは真逆に置かれる内容だが、否定派も含め、同書を手に取る人が圧倒的に多いのも韓国社会の現実なのだ。日韓関係の悪化を受けて、歴史関係の書籍が全体的に売れているというが、同書に追随する本は見当たらない。

    関連記事