人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省米国担当局長が朝米対話に関連する朝鮮の立場を表明

【平壌6月27日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省米国担当局長のクォン・ジョングン氏は27日、次のような談話を発表した。

最近、米国が口先では朝米対話をうんぬんしながらも実際的にはわれわれに反対する敵対行為をいつにも増して憎らしく働いている。

米国が双方の利害関係に等しく合致する現実的な方案を用意する考えはせず、対話の再開をオウムのように唱えるからといって朝米対話が自ずと開かれるのではない。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

わが国務委員会委員長同志がすでに歴史的な施政演説で明らかにしたように、朝米対話が開かれるには米国が正しい計算法を持って出なければならず、その時限は年末までである。

    関連記事