同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮に言い掛かりをつけた米国を糾弾 朝鮮外務省軍縮・平和研究所の所長

【平壌6月5日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省軍縮・平和研究所の所長は、最近、米国防総省が「2019年インド太平洋戦略報告書」なるもので朝鮮に言い掛かりをつけたことで5日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

米国防総省が「2019年インド太平洋戦略報告書」なるもので朝鮮に「ならず者国家」と言い掛かりをつける挑発を強行した。

米国が対話の相手であるわれわれを「ならず者国家」に名指ししたのは、わが国家の自主権と尊厳に対する明白な侵害であり、事実上の対決宣言同様である。

これにより、米国は朝米間の敵対関係にけりをつけ、新しい関係の樹立を公約した6・12朝米共同声明の精神を全面否定し、力でわれわれを屈服させようとする侵略的な企図を世界に再び明白にさらけ出した。

現在、米国はわれわれに対する制裁圧迫に必死になって執着し、先武装解除、後体制転覆の野望を実現するために、いつよりも悪らつに策動している。

米国が前では対話を論じ、後ろでは相手に反対する侵略戦争の準備に狂奔したということは、これまでの歴史が示す厳然たる現実である。

われわれは最近、米国が複数の機会にわれわれに対する軍事的圧迫を鼓吹していることに対して高度の警戒心を持って注視している。

米国の対朝鮮敵視策動が増大するほど、われわれの対応措置もそれだけより強まるであろう。---

    関連記事