「やられっ放しでいられるか」北朝鮮の女性兵士ら性虐待受け脱走

つまり「行動や言動に問題があった」「女性から誘ったに違いない」「女は嫁に行けば済むが、男には養うべき家庭がある」などの言葉で女性被害者を追い詰めるという、二次加害・被害が起きているのだ。

女性たちはそれを恐れ、被害を告発するよりは隠そうとするのが一般的だった。本人が暴露しようとしても、家族が止めるケースもあった。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「書類整理」と呼ばれる性虐待行為

ところが、今回は違った。女性は被害に遭った事実を語ったのだ。自主的に明らかにしたのか、取り調べ過程での拷問などに耐えかねてのものなのかは定かでないが、被害者が沈黙せず、「脱走と証言」に動いたことに、軍の幹部らは少なからず衝撃が受けているもようだ。

    関連記事