北朝鮮軍で「深刻事態」発生…新兵が次々と倒れる

朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の訓練所で4月、大規模な食中毒が起きていたことが最近になってわかった。

ただの食中毒と甘く見てはいけない。弱体化が著しい北朝鮮軍だけに、兵士らは容易に回復しないかもしれない。

(参考記事:金正恩氏の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱い

デイリーNK内部情報筋によると、平安南道(ピョンアンナムド)から招募、つまり徴兵された若者が150人が、招募所(新兵訓練所)で出された食事を食べたところ、嘔吐と下痢を繰り返し、市内の病院に搬送された。病院はいずれも食中毒患者で溢れかえったという。原因について情報筋は言及していない。

北朝鮮の兵役で世界で最も長い10年。そのスタート地点となるのが招募所だ。毎年3月から4月にかけて、身体検査で合格判定を受けた16歳から17歳の若者は、各道の軍事動員部に集合し、招募所に移動、そこで部隊に配属されるまでの数ヶ月間訓練を受ける。ところが、一人前の兵士となる前につまづいてしまったわけだ。

食中毒が起きてからしばらくして、この話が一般にも広がった。息子を長い兵役に送り出した親たちの心配はいかほどだろうか。「病気になった息子のことを案じ泣き暮らしている親もいる」(情報筋)とのことだ。

今回の食中毒の原因は不明だが、一般的に北朝鮮での食中毒はさほど長引くことなく早期に回復するというのが情報筋の話だ。しかし、おりからの制裁不況で充分な栄養を取れていない兵士は回復が遅い。

「親がカネを持っていれば、市場で栄養剤を購入して与えればいいが、ほとんどの新兵が貧しい家の出で、事態はかなり深刻だ」(情報筋)

すべての医療が無料で受けられることになっている北朝鮮だが、それは建前に過ぎない。「無償医療制度」は既に崩壊、国営病院で医師の診察を受けるにはワイロが必要となり、診察を受けられたとしても医薬品が不足しているため、治療するには市場で薬品を買うしかない。

また、入隊後も親たちの心配は尽きない。末端の兵士たちの食糧は、共同農場で生産されるが、非効率な集団農業、相次ぐ自然災害、深刻な横領、横流しで、腹いっぱい食べられない。つまり、体調の回復に必要な栄養が取れないということだ。

さらには上官の横暴による人権侵害も重なり、徴兵を忌避する風潮が日々強まっているとされる。

一時は朝鮮人民軍の食糧事情が改善したと伝えられていたが、今ではどうなっているか不明だ。

    関連記事