人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

朝中文化協力に関する協定と航空運輸に関する協定締結60周年に際する宴会

【平壌2月26日発朝鮮中央通信】朝鮮と中国の両政府間の文化協力に関する協定と航空運輸に関する協定締結60周年に際して、対外文化連絡委員会と民間航空総局が26日、平壌の玉流館で宴会を催した。

宴会には、李進軍駐朝中国大使と大使館員、朝鮮に滞在中の中国のゲストが招待された。

全光虎内閣副総理、朝中親善協会委員長である対外文化連絡委員会の朴京日副委員長、民間航空総局のリ・ヨンソン副総局長、関係者がこれに参加した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

全光虎副総理は宴会での演説で、朝中文化協力に関する協定と航空運輸に関する協定締結以降の60年間、両国間の交流と協力が強化され、朝中人民の親善のきずなが厚くなったことに言及した。

また、伝統的な朝中親善を変わることなく強化し、発展させていくのは朝鮮労働党と朝鮮政府の確固不動の立場だと述べ、両国人民の共同の富である朝中親善関係の発展を積極的に促していくという意志を表明した。

中国大使は、習近平総書記同志と金正恩委員長同志の4回にわたる対面によって中朝関係の新たな歴史が開かれたことに言及した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、国際および地域情勢がどう変わろうとも、中朝関係を強化し、発展させていくという中国の党と政府の確固たる立場と朝鮮人民に対する中国人民の親善的な感情、社会主義朝鮮に対する中国の支持には変わりがないだろうと強調した。

そして、金正恩委員長同志を首班とする朝鮮労働党の指導の下、朝鮮人民が社会主義偉業の遂行においてさらなる成果を絶えず収めることを心から願うと述べた。---

    関連記事