韓国の保守野党を沈没させる「歴史歪曲」のトンデモ言説

今月17日、韓国の国会である記者会見が開かれた。壇上に姿を見せたのは野党・正しい未来党の議員で北朝鮮人権運動を行ってきた河泰慶(ハ・テギョン)氏と、脱北者団体の代表ら。そこに光州民主化運動関連の団体関係者も加わった。一見、つながりのないようなこの顔ぶれだが、場を共にしたのにはそれなりのワケがある。

日本では「光州事件」の呼び名で知られている1980年5月の光州民主化運動。民主化を求める韓国国民の声を押さえつけ、政権を掌握しようとした後の大統領、全斗煥氏ら「新軍部」がデモを武力で弾圧し、韓国政府が認定しただけでも死者165人、行方不明者76人、負傷者3515人を出す惨事となった。

全氏の下野直後から今に至るまで、真相究明のための調査が続けられており、民主化を求めた運きであったことは明らかだ。その事実は法によって認められている。

(参考記事:韓国軍の性暴力が白日の下に「被害証言、政府は黙殺してきた」

1980年5月、光州一帯で起こったデモに対して、軍部などによる憲政秩序破壊犯罪と、不当な公権力行使で多数の犠牲者と被害者が発生した事件

5·18民主化運動真相究明のための特別法第2条第1項

ところが、光州民主化運動を巡る歴史修正主義とも陰謀論とも言える主張は、今に至るまでくすぶり続けている。その代表格と言えるのが、日本でも本を出版している軍事評論家の池萬元(チ・マノン)氏だ。池氏は、「光州民主化運動は北朝鮮軍の指図で行われた」という主張を十数年来続けている。

池氏の手法は、民主化運動の現場で撮影された人物の写真と、北朝鮮軍の人物写真を照らし合わせ、「これは同一人物」だと決めつけ、北朝鮮軍の介入の論拠とするというものだ。まともな保守派からも疎んじられ、遺族団体などから複数回にわたり名誉毀損で訴えられ、有罪判決を受けてきた。池氏に「北朝鮮軍だ」とされた韓国市民が「あれは私だ」と名乗り出ても、池氏は自説を撤回しようとしない。

そこで、池氏が自説の補強のために行ったのは、「北朝鮮から光州に派遣された」と証言する脱北者の動員だ。例えば、脱北者の李某氏は2013年5月にテレビに出演して、池氏の主張にそった証言を行った。テレビ局は世論の激しい批判を浴びて謝罪に追い込まれたが、証言の動画は未だにネット上を漂い続け、陰謀論を広めつづけている。

池氏の陰謀論は、保守系野党の自由韓国党にも影響を与えている。

今月8日に韓国国会で開かれた「518真相究明対国民公聴会」で、一部の同党議員が「親北左派が民主化運動の功労者という怪物集団をつくり上げ、税金を無駄遣いしている」などと主張した。さらには池氏も登場して自説を披露したことで、自由韓国党が激しい批判を浴びることとなった。そのせいで、ようやく回復しつつあった党の支持率が急落する事態となっている。

池氏の主張は、民主化運動当時に軍部の最高責任者だった全斗煥氏にさえ否定されている。全氏は2016年4月、雑誌「新東亜」のインタビューに側近の鄭鎬溶(チョン・ホヨン)氏、高明昇(コ・スンミョン)氏らと共に応じ、次のように語っている。

高明昇:北朝鮮特殊軍600人という話についてコメントを出したことはありません。

全斗煥:何だって?600人とは何かね?

鄭鎬溶:北から600人が来たということです。池萬元氏が主張しています。

全斗煥:どこから来たのか?

鄭鎬溶:5.18のときに光州に。それで北朝鮮軍と光州の人たちが共に蜂起したから鎮圧したということだ。

全斗煥:ほう、そうなのか…今日初めて聞いた。

冒頭で言及した記者会見で、韓国のNGO・北韓戦略センターの姜哲煥(カン・チョラン)代表は「池氏は私が幼いころに光州に派遣され、スパイ活動を行ったと主張しているが、私は1977年から1989年までの12年間、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の政治犯収容所に収容されていた」とし、「最初は頭のおかしい人だと思い気にしなかったが、自由韓国党が518真相調査委員に(池氏を)推薦しようとしている有様は見るに堪えない」と述べた。

ちなみに、姜氏は当時12歳である。池氏に北朝鮮軍呼ばわりされた脱北者の中で最年少の人物は、なんと当時3歳だったとのことだ。

また、北朝鮮へのビラ散布を行ってきた北韓同胞直接援助運動のイ・ミンボク風船団長は「北朝鮮は私のことを嫌っているのに、なぜ私がスパイと言えるのか」と呆れた様子で語った。

さらに、元朝鮮人民軍中尉で1993年に韓国に亡命、池萬元被害者対策委員会の共同代表を勤めるイム・ヨンソン氏は18日、公共放送KBSラジオの時事番組「最強時事」に出演。自らも池氏からスパイ呼ばわりされていると明らかにした上で、(1980年には)16歳の高等中学校の生徒で、人民軍に入隊もしていないのにどうやって光州に派遣されたというのか、と怒りをあらわにした。

「北朝鮮から光州に派遣された」と「証言」した脱北者についてイム氏は、池氏にカネで雇われたと主張している。イム氏はこの人物を告訴しているが、光州の人々のもとに行ってすべてを告白してほしいとして、場合によっては告訴を取り下げる意思を示した。

韓国では、貧しい暮らしを強いられている脱北者が、極右団体からカネを受け取って政治集会などに参加する事例が後を絶たない。

    関連記事