「キムチの下に少女を埋めた」暴行殺人犯に無期懲役の判決

北朝鮮では近年、国際社会の制裁のしわ寄せ生活が苦しくなっているせいか、治安の悪化が伝えられている。生活苦に追い詰められた人が犯罪に走る例がある一方で、弱い立場の人々を毒牙にかける悪人もいる。

息子が通報

同国の北東部、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の端川(タンチョン)市で昨年12月24日、多くの住民が見守る中で公開裁判が行われた。裁かれたのは例えば、地元の鉱山で採掘された鉛や亜鉛を密売した労働者たちで、いずれも懲役刑が言い渡された。

この鉱山では昨年11月にも、鉱山労働者を含む30人を対象にした公開裁判が行われるなど、治安の悪化、不正行為の蔓延が顕著になっている。

しかしこの日、裁判を見守る住民たちの関心は、ひとりの殺人犯に集中していた。

    関連記事