「愛人で処刑はやりすぎ」北朝鮮軍内で金正恩氏への不満うっ積

銃殺刑の方法は、とくに言及がないことから、金正恩党委員長お得意の「高射銃」によるものではなかったようだ。だが、たとえ自動小銃が用いられていても、その現場が凄惨なものであったことは確かだ。

(参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

ちなみに政治委員の罪名のひとつである「私生活の乱れ」だが、具体的には2人の愛人を囲って贅沢三昧をしていたということらしい。政治委員は軍内で党を代表する存在であるため、彼の行為が「党の権威を大きくき損した」として重大視され、処刑にいたったということのようだ。

これに対して軍幹部の間からは、「果たして銃殺までする必要があったのか」「やりすぎじゃないのか」との疑問の声が聞こえるという。

    関連記事