悪評だらけの北朝鮮テレビで若手女子アナの涙ぐましい演出

2015年に北朝鮮を訪問した日本人観光客は、北朝鮮のホテルでこのような光景を目撃した。

ホテルの女性従業員は仕事そっちのけで、工場の女性支配人と男性技術者の禁断の恋を描いたドラマを流すテレビにかじりついていた。どうやらホテル内の有線テレビでの放映だったようで、ドラマが終わるやチャンネルは朝鮮中央テレビに変えられた。「元帥様(金正恩党委員長)がどこそこに現地指導に行った」という番組が放送されていたが、チャンネルが変わった瞬間に従業員たちは蜘蛛の子を散らすように持ち場に戻っていった。誰も見ていないテレビは消されてしまった。

娯楽が非常に少ない北朝鮮に住む人ですら見ようとしない朝鮮中央テレビ。つまらない、くだらない、退屈、古臭いなど、悪評ばかりだったが、最近は変化の兆しも見える。

複数の韓国メディアが取り上げたのは、朝鮮中央テレビが先月30日に放送した「兵士の故郷の便り」だ。兵役を務める兵士に故郷での出来事や、家族や隣人のメッセージを伝えるというこの番組だが、従来の北朝鮮のテレビでは見られなかった演出で注目を集めた。

その演出とは、若手の女性アナウンサーがニュースを読み上げている途中に、男性記者がニュース原稿らしき書類を手にしてスタジオに飛び込んできて「先ほど、千里馬の故郷として知られる降仙(カンソン)から、後方(銃後)家族のニュースがまた入ってきました!」とニュース速報の体で伝えるというものだ。

(参考記事:【写真】北朝鮮「若手女子アナ」人選にこだわり抜く金正恩氏

    関連記事