デイリーNKジャパンは最近、「コンピュータに入力してはならない電子ファイル目録」と題された北朝鮮の内部文書を入手した。2015年5月の日付が入ったもので、韓国誌・月刊朝鮮11月号はこれを、北朝鮮の体制に不都合な映像・音楽作品を取り締まるタスクフォース「109常務(サンム)」が作成したものだと断定している。

内容は視聴が禁止された映像・音楽・ソフト類のリストで、列挙されたタイトルはざっと300以上にもなる。その中には北朝鮮の国民的女優・洪英姫(ホン・ヨンヒ)の出演作もある。

(参考記事:【写真】北朝鮮の国民的美少女・洪英姫と映画「花を売る乙女」

彼女の出演作がなぜ、禁止指定されたのかいまひとつわからないのだが、中には理由が明らかなものもある。映画「大紅湍(テホンダン)責任秘書」やテレビドラマ「処女の射撃手たち」などがそうだ。