ドラマ「乙女の射撃手」を見てはならない、たった一つの理由

デイリーNKジャパンは最近、「コンピュータに入力してはならない電子ファイル目録」と題された北朝鮮の内部文書を入手した。2015年5月の日付が入ったもので、韓国誌・月刊朝鮮11月号はこれを、北朝鮮の体制に不都合な映像・音楽作品を取り締まるタスクフォース「109常務(サンム)」が作成したものだと断定している。

内容は視聴が禁止された映像・音楽・ソフト類のリストで、列挙されたタイトルはざっと300以上にもなる。その中には北朝鮮の国民的女優・洪英姫(ホン・ヨンヒ)の出演作もある。

彼女の出演作がなぜ、禁止指定されたのかいまひとつわからないのだが、中には理由が明らかなものもある。映画「大紅湍(テホンダン)責任秘書」やテレビドラマ「処女の射撃手たち」などがそうだ。

ちなみに朝鮮語の「処女(チョニョ)」とは未婚女性のことも意味し、日本語の「乙女」に近いニュアンスだ。

これらが禁止指定されたのは、かつて北朝鮮きっての「イケメン俳優」と言われたチェ・ウンチョルが出演しているためだ。

チェ・ウンチョル氏は1980~90年代にかけて、北朝鮮の映画界で活躍した。脱北者で平壌中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表によると、「北朝鮮的な美男子」であったチェ・ウンチョルは、演技力以外にも多才なところを見せつけ、女性たちから爆発的な人気を集めた。

ところが、金正恩氏の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の縁戚となり、彼が粛清されてしまったことで、チェ・ウンチョルの運命は大きく変わってしまった。

一時は北朝鮮のトップ女優で、張成沢の愛人だったキム・ヘギョンらとともに粛清されてしまったのだ。

チェ・ウンチョルの粛清は、これまで伝聞でのみ伝えられていた。だが、109常務の禁止リストに彼の代表作がことごとく含まれたことで、粛清情報がある程度、裏付けられた形となった。

一方で、チェ・ウンチョルは最近になって赦免され、政治犯収容所から解放されたとの噂もある。事実だとすれば、いずれ彼の出演作が禁止指定から解除されたとの情報が出てくるかもしれない。

    関連記事