北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、日本の安倍政権は表では北朝鮮との対話意思を表明しているが、裏では米国の顔色をうかがい対北圧迫の「先遣隊の役割を果たしている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道

論評は、安倍政権が「米国の制裁うんぬんと『人権騒動』に歩調を合わせ、制裁強化とすでに解決済みの拉致問題をうんぬんし続けるなら、われわれはそれを明白に日本の対米追従政策の延長と見なすであろうし、従って日本が懇切に願う朝日関係の前途はより遼遠になる」と主張。

また「安倍政権が心から朝日関係の改善を願うなら(中略)大胆に過去の罪悪を認めて謝罪と賠償の歴史的責任に誠実に臨む新しい態度で出るべき」としながら、「安倍一味が今のように振る舞うなら、日本は永遠に平壌行きの乗車券を購入できなくなる」と強調した。