北朝鮮は世界的に見て自殺率が非常に高い国だ。

世界保健機関(WHO)の2012年の統計によると、10万人あたりの自殺率(年齢調整なし)のランキングでは、北朝鮮は39.5人で1位。2位は韓国(36.6人)。ちなみに日本は9位(23.1人)だった。国ごとの人口と年齢構成の違いを調整した値でも、北朝鮮は1位のガイアナ(44.2人)に次ぐ2位(38.5人)だ。ちなみに韓国は3位(28.9人)、日本は18位(18.5人)だった。

世界でも稀に見る抑圧体制が、多くの人を自殺に追い込む一因となっている。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは… 

そんな中、北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)穏城(オンソン)からショッキングなニュースが伝わってきた。協同農場の管理委員長の夫人が、焼身自殺したというのだ。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、事件の発端は今年の夏まで遡る。この協同農場の管理委員長が、農場で収穫された穀物を横流ししたり、ワイロを受け取って何らかの便宜を図ったりしていたなどの疑いで摘発された。そして、委員長の職を解かれ、一般の農場員に降格させられる処分を受けた。

北朝鮮当局は最近、農場に対して穀物の横流しなどを厳しく禁じる布告を出している。従来は当たり前のように行われていた行為なのだが、委員長は運悪く摘発されてしまい、罪をもみ消すだけのカネとコネがなかったため、すべてを失ってしまったのだろう。

(参考記事:北朝鮮「穀物の売買禁止令」で国内に不安が広がる

事件が起きたのは、元々住んでいた家を明け渡すことになった今月初めのことだ。

北朝鮮の住宅法の30条5項には「国が協同農場に建てた住宅と協同団体所有の住宅は、農場で服務する農場員、労働者、事務員に振り分けなければならない」とある。法律に従って、家を新任の管理委員長に明け渡し、自分たちは別の家に引っ越さなければならない状況となった。

その過程で両者が口論となった。理由はわからないが、旧委員長夫妻は多くの人の前で恥をかかされたのかもしれない。委員長夫人としてそれなりに羽振りのよい暮らしをしていた女性には耐えられないほどの屈辱だったのだろう。衆人環視の中でガソリンをかぶり、自ら体に火をつけて命を絶った。

地位、名誉、家に加え妻まで失った元管理委員長は、一般の農場員として暮らしているが、激しい衝撃を受けたせいか、周りの人と接することを避けているという。

(参考記事:金正恩政権「殺人的ストレス」に苦しむ北朝鮮の人々