国際的な人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は先月31日、「理由もなく夜に涙が出る 北朝鮮での性暴力の実情」と題した報告書を発表した。

金正恩氏が権力の座に就いた2011年以降に脱北した54人と、脱北した北朝鮮の元公務員8人を対象にしたインタビューを元に作成されたこの報告書では、北朝鮮における性暴力の現状と、それを生み出す社会的土壌について詳しく解説されている。

報告書が挙げたのは、社会の根幹を揺るがす大きな変化が、弱い立場にいる女性を犠牲にしたという点だ。

「もはや日常生活の一部」

北朝鮮はかつて、世界に類を見ないほどの配給依存型の社会だった。人々は食料品、衣服から住宅に至るまで、ほとんどすべてのものを国から配給として受け取っていた。ところが、経済、農業政策の積み重なった失敗、共産圏の崩壊で援助が得られなくなったことで旧来のシステムが崩壊。そこに自然災害が重なったことで、1990年代後半に「苦難の行軍」と呼ばれる未曾有の食糧危機が起きた。

人々が次から次へと餓死してゆく中、女性たちは生き残るため、市場での商売を始めた。しかし、当時は商売そのものが違法行為だったため、取締官にワイロを渡し、黙認してもらう必要があった。

このワイロには「性上納」も含まれている。朝鮮労働党や国営工場、各種の国営企業所の幹部、市場管理人、保安員(警察官)、保衛員(秘密警察)など権限を持ったあらゆる男性が性暴力に加担した。身体接触から始まり、最終的には女性の望まない性行為につながっていった。

(参考記事:手錠をはめた女性の口にボロ布を詰め…金正恩「拷問部隊」の鬼畜行為

HRWのインタビューに応じた40代女性のオ・ジョンヒさんは、両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)の市場で衣類を売っていたが、2014年に脱北するまでは取締官から繰り返し性上納を強いられていた。抵抗することも通報することもできず、静かにその場を離れたりすることでしか、行為から逃れられなかったという。

「何度も(性的暴力の)被害に遭いました。市場の取締官や保安員は気の向くままに、市場の外にある部屋や他の場所に呼び出しました。どうしようもありません。私たちのことを性的なおもちゃと考えているというのに…私たち(女性)は男たちの手のひらの上で転がされているのです。力のある男がそばにいなければ女は生きていけません」

女性たちは、権限を持った男性から目をつけられれば、性や金品の上納から逃れられない。拒否すればよりひどい目に遭わされるだけではなく、商売ができなくなったり、教化所(刑務所)送りになったり、様々な制裁を加えられる。性暴力があまりにも蔓延し、もはや日常生活の一部と化していると脱北女性たちは証言した。

女性たちが沈黙を強いられる理由はほかにもある。性暴力を含めた性に関する教育をほとんど受けておらず、知識を持ち合わせていないことだ。

21人の脱北者は、生理、妊娠などについての教育は受けたものの、セクシャリティ、生殖器官などについてはほとんど教わっていないと答えた。また、30人の脱北者は、セイファーセックスや性感染症についての教育を受けていないと答えた。2人の元医師、1人の看護師も北朝鮮では性感染症に関する知識が限られていると証言した。

また、ドメスティック・バイオレンス、セクシャル・ハラスメントなどと言った性暴力に関する用語も認知されておらず、北朝鮮の専門家は強姦の意味を狭義で捉えていて、「マリタル・レイプ」(配偶者からのレイプ)などの意味を理解しなかったという。

性暴力の被害に遭った女性をさらに苦しめるのは、「女性の方に問題があったからだ」として、加害者ではなく被害者の落ち度を責める社会的風潮だ。

両江道(リャンガンド)で教師を務め、2013年に脱北したリ・チュンソクさんは、北朝鮮における女性の地位の低さについて次のように語った。

「男は天で女は地です。男たちが何を考え何を語るかが重要なのです。私たちは絶対的に男たちに従い、また尊重し、尊敬しなければなりません」

性についての適切な教育を受けていない北朝鮮の女性たちは、脱北して韓国や第三国に定着してようやく、自分たちが受けたのが性暴力であることに気づくという。知識の不在は、脱北してもなお女性たちを性暴力の被害者にし続けるのだ。

報告書は関係各国や機関に対する様々な勧告で締めくくられている。加害当事国の北朝鮮に対しては、女性を性暴力から守るための法律改革、司法機関による加害者の処罰、検証体制の確立、性に関する教育の実施など40項目の勧告を行っている。

また、米国、日本、英国、EU各国などに対しても、北朝鮮に圧力を掛けるように勧告している。ここではHRWの韓国政府に対する勧告の一部を取り上げる。

◯北朝鮮政府が、本報告書が勧告した改革措置を履行するよう公開、非公開で促す

◯北朝鮮との会談で、女性に対する身体的暴力、性暴力問題を常に議題に含める

◯北朝鮮人権法に明示された北朝鮮人権財団の設立を支援する。女性、女児への性暴力関連研究、性暴力の被害を受けた北朝鮮女性を識別するプログラムに資金援助を行う

◯北朝鮮住民に伝わる可能性のある媒体を通じてリプロダクティブ・ヘルス、性暴力、ジェンダー暴力についての情報を提供する活動を支援する

◯北朝鮮が女性差別撤廃条約と児童の権利に関する条約に基づき、女性と女児のすべての権利を尊重するように北朝鮮政府に公開で要請し、圧力を持続し、女性と女児に対するすべての形の差別を終わらせるように技術的支援を提供する

◯国連人権理事会と国連総会の追加措置を支援し、北朝鮮国内の女性、女児に対する性暴力、性差別、その他暴力についての認識を高める

◯北朝鮮の人権に関する国連安全保障理事会の議論で性暴力の問題がより重要に考慮されるように支援する