北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)にある茂山(ムサン)鉱山。年間650万トンの鉄鉱石を生産し、主に中国に輸出。年間1億ドルの外貨を稼ぎ出し「朝鮮の宝」と言われてきた。稼働の様子は、川向こうの中国・吉林省からも鮮明に見て取れるほどだった。

鉱山労働者の月給は最高で100万北朝鮮ウォン(約1万4000円)。一般的な労働者が10年かけても稼げないほどの高給取りだった。

この鉱山が今年7月、操業を中断し、配給も止まってしまったと現地のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。市民の生活は苦しく、「苦難の行軍」と似たような状況に陥っているとのことだ。

「苦難の行軍」とは、1990年代後半の北朝鮮を襲った未曾有の食糧危機で、数十万人とも言われる餓死者が出た。当時、親を失った子どもたちは家を出て町をさまよい、「コチェビ(ストリート・チルドレン)」として生きていくことを余儀なくされた。そんな状況が、茂山で再現されているというのだ。

(参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

別の情報筋によると、市内の通りでは親に捨てられて行き場を失った数多くの子どもたちが路頭に迷っている。当局は、清津(チョンジン)市の羅南(ラナム)区域にある中等学院(コチェビ収容施設)に収容せよとの指示を下したという。

同様の現象は、茂山と同じように鉱物資源に依存していた平安南道(ピョンアンナムド)の炭鉱地帯でも起きている。

(参考記事:餓死、捨て子、孤立…北朝鮮きっての「金持ち地域」が没落

豊かだった茂山は、道内で最も苦しい地域となり、地方政府は各地域に対して「茂山を支援せよ」との指示を下すほどだ。

(参考記事:豊かだった北朝鮮の鉱山都市、経済制裁で困窮に喘ぐ

茂山鉱山の操業中断は、対岸の中国にも悪影響を与えている。

中国の対北朝鮮情報筋によると、中国では北朝鮮から鉄鉱石を輸入して使っているが、おりからの不動産不況と対北朝鮮制裁で稼働を中断した製鉄所が増えている。北朝鮮の鉄鉱石の対価として、中国はコメ、トウモロコシ、油などを提供するバーター貿易を行い、それが北朝鮮労働者への月給代わりの配給として使われていた。ところが、貿易が止まってしまったので、「苦難の行軍」のころと同じような状態になっているというのだ。

情報筋の中には、川の水の色が未だに黒いことを理由に挙げて、稼働中断説に異論を唱える人もいる。掘り出した鉄鉱石を水で洗浄する過程で発生する黒い汚水が川に流れ込むからだ。しかし、当局の黙認の下に鉱山から鉄鉱石を持ち出す個人業者が多数存在することから、川の水の色だけで稼働状況を判断するのは無理がある。

韓国政府の関係者はデイリーNKに対し、茂山の状況について「配給が3ヶ月間止まっている」「鉱山の稼働も中断したものと思われる」とコメントした。

昨年末まで茂山鉱山で働いていたという脱北者は「当時も稼働率は3割程度にとどまり、厳しい状況だった」「配給が2ヶ月に1回に減らされ、鉱山に出勤する労働者が減りつつあった」と証言した。

「人民生活向上」を掲げる金正恩党委員長は、首都・平壌でのタワーマンション、高級リゾートの「元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区」、革命の聖地と呼ばれる三池淵(サムジヨン)の開発事業などに多額の予算を注ぎ込んでいるが、地方で困窮する人民の生活には興味がないようだ。

(参考記事:金正恩氏の背後に「死亡事故を予感」させる恐怖写真