北朝鮮当局は今月初め、国内外の音楽や映像作品70余りを「不純宣伝物」に指定し、視聴や上映、配布を禁止する措置を取ったとデイリーNKの内部情報筋が伝えた。

禁止された曲のなかには「正日峰の雷鳴」が含まれている。この曲はかつて存在した旺載山(ワンジェサン)軽音楽団を代表するメンバーで、金正日総書記の寵愛を受けたことで知られる女性歌手・廉青(リョム・チョン)が歌ったものだ。正日峰とは、金正日総書記が生まれたとされる白頭密営(パルチザン基地)の付近にそびえたつ峰だ。つまりは金一族を神格化する代表的な曲のひとつなのだ。

北朝鮮当局は2016年に、「旺載山軽音楽団舞踊CD」の発売禁止の措置を取ったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。詳細な理由は不明だが、金正恩氏に関わるスキャンダル動画が出回ることを防ぐためだったとされている。それと同じく「正日峰の雷鳴」が禁止曲に指定されたとすればよほどのことがあったと見られる。

この曲以外では、モランボン楽団が演奏した「母の声」も禁止対象に含まれていると情報筋は伝えた。モランボン楽団は2012年、金正恩党委員長の指示によって創設され記念日の度に公演を行ってきた金正恩時代を象徴する楽団だ。しかし今年2月以後、ピタッと公演が止んでいる。

一方、モランボン楽団に代わって北朝鮮を代表する楽団として注目されているのが「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」だ。北朝鮮が今年2月の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせ、特別編成して派遣した楽団である。韓国での公演ではセンターを務めたグラマラスな肉体を誇る美人シンガーが、悩殺的かつ激しいダンスを披露した。

(参考記事:【画像】グラマラスで目立つキム・ジュヒャン氏

韓国派遣のために特別に編成された三池淵管弦楽団の評判が思った以上によかったせいか、いまやモランボン楽団に取って代わる存在になりつつあるのかもしれない。今月には、朝鮮労働党の創建73周年を記念して平壌で「三池淵管弦楽団劇場」がオープンした。新たに誕生した楽団の名を冠する劇場が、これほど早く建てられるのは極めて異例である。

三池淵管弦楽団は、南北融和のシンボルとして今後北朝鮮を代表する楽団になっていくのかもしれない。これだけで、モランボン楽団の時代が終わったと見るのはいささか早計かもしれないが、モランボン楽団だけが特別扱いされた時代は終わったものと思われる。

複数の曲が禁止された背景には、楽団や歌手をめぐる政治的背景、またはスキャンダルが隠されているのかもしれない。それに加えて、これまでは問題のなかった歌詞など歌の内容になんらかの問題が生じた可能性もある。