北朝鮮社会の覚せい剤汚染が深刻であることは、国際的にも広く知られた事実だ。かつては国策として日本などに覚せい剤を密輸し、害悪をまき散らした北朝鮮だが、今では自らが深刻な違法薬物の蔓延に悩まされているのである。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち )

覚せい剤を密造・密売する犯罪組織の魔の手は、家庭や司法機関にまで及んでいる。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、次のように話す。

「中学生も覚せい剤をやらなければいじめられ、主婦は人民班(町内会)の会議の前にキメてくる。人民保安省(警察)の機動巡察隊員も夜勤の際にやっている。以前は挨拶代わりにタバコを差し出すのが習慣だったが、最近では顔を合わせると覚せい剤をやる」

日本では最近、男性芸能人が女性と一緒に薬物を使おうとしたところを摘発された事例が目立っているが、北朝鮮においても似たようなことが起きている。

売人たちは「トンジュ(金主)」と呼ばれる富裕層に狙いを定め、「夜の生活(性生活)が強くなる」「痩せる」「頭がスッキリする」などと甘い言葉で誘い、覚せい剤を売りつける。中毒にさせて、常連客にするのである。

狙われるのは、男性だけではない。

前出とは別の内部情報筋が今月中旬に伝えてきたところによれば、最近、咸鏡北道のある郡の朝鮮労働党委員長の娘が覚せい剤中毒となり、大問題になっているという。

「やはり党幹部の男性と結婚した娘は、病気治療の過程でアヘン系の麻薬の中毒になってしまった。その後、アイス(覚せい剤)を火であぶって吸引するようになり、5年にわたって中毒状態に陥っている。夫が繰り返し止めるのも聞かず、家財道具を売り払っては覚せい剤を買っている。さすがの夫も我慢の限界に至り、離婚を要求しているようだ」

韓国の北朝鮮情報ニュースサイトであるニューフォーカスは昨年12月、北朝鮮国内の取材協力者の、次のような話を伝えた。

「最近、当局は薬物取締に関する中央党の指示文を全国の企業所、人民班(町内会)、学校に通達した。指示文には、薬物の使用は社会主義の精神を弱める毒と同じであり、国家の指示に背き乱用した者について『内部の反逆者』として扱うと警告している」

北朝鮮において、国家に対する「反逆者」は死刑もしくは政治犯収容所送りの対象になる。一般の刑事犯とは次元の違う重罰を受けるということだ。

しかしその後も、当局の取り締まりが大きな成果を上げているとの情報は聞こえてこない。非核化を巡り韓国や米国との対話が進む北朝鮮だが、仮に近い将来、同国が我々の間に開かれるとして、そこにある社会はどこまで健全なのだろうか。