国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は7日までに、北朝鮮南西部の黄海北道(ファンヘブクト)・黄海南道(ファンヘナムド)で先月下旬、台風19号により大規模な水害が発生し、76人が死亡、75人以上が行方不明になっていると明らかにした。被災民の数は少なくとも数千人、多くは5万人を超えるとの報道もある。

近年、北朝鮮では毎年、こうした水害が起きている。台風の大規模化の影響もあるが、北朝鮮当局の危機管理意識の低さが被害を拡大させているのは明らかだ。

国連の各機関が最近、共同で発行した「2018人道主義の危機と災害リスク評価報告書(Index for Risk Management)」は、北朝鮮当局の危機管理指数を、世界191カ国のうち43番目にランキングさせた。この指数は、順位が高いほど危険度が高いことを示している。北朝鮮の危機管理指数は、下位23%に属する最低レベルと評価されたのだ。

もともと北朝鮮は、大事故や災害が起こった際、国の体面を守るため、そして安全対策の不備を国内外から非難されないよう被害規模を隠蔽する悪弊がある。過去にも、橋梁の建設現場で500人が一度に死亡する地獄絵図のような大惨事が起きたにもかかわらず、事故の詳細は一切明らかにされなかった。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

また、ダムや発電所などのインフラを守るため予告もなく放水するなど、人命軽視と言わざるを得ない現象も見られる。

また、北朝鮮当局は最近、9日の建国70周年記念行事の準備に気を取られ、災害への対応が後回しにしているとの指摘が、同国内から漏れ伝わっている。

そうでなくとも、今年は異常な猛暑と日照りにより、農業が壊滅的なダメージを負ったと見られている。北朝鮮の食糧事情はかつてと比べ大幅に改善しているが、それも国内で一定量の収穫が確保されてこそのものだ。

なし崩し的な資本主義化の進行で貧富の格差も拡大しており、貧困層は、わずかな食糧価格の変動からも大きな影響を受ける。

金正恩党委員長は最近、韓国、中国、米国との首脳会談を相次いで実現させ、得意満面である。しかし、このような災害が永遠に繰り返されるのなら、いずれ金正恩氏の権威は地に落ちる。

国民の生命と財産を守るという最も重要な使命をないがしろにしていては、決して「偉大な指導者」として歴史に記されることはないだろう。