同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 南朝鮮当局は気を確かに持って北南関係の改善に乗り出すべきだ

【平壌8月3日発朝鮮中央通信】3日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、北南関係問題に関連して南朝鮮当局が相変わらず外部勢力依存の立場から脱していないことについて明らかにした。

南朝鮮当局は北南関係において提起される問題を米国に依存して解決しようとしている一方、朝鮮を圧迫するために国連のベールをかぶった不純勢力が何かの報告書を発表すると、むやみに「制裁の徹底的な履行」と「国際社会の緊密な協力」をうんぬんしている。

同紙は、板門店(パンムンジョム)宣言が採択、発表された時から3カ月が過ぎたこんにちまでも同胞に喜びをさらに与えられるような中身のある事業が活力を帯びて展開されないのは、他人の顔色をうかがって表裏のある立場を取っている南朝鮮当局のためだと主張した。

    関連記事