北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、日本を「米国にとりすがって生きてゆく島国寄生虫」だと揶揄する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によると論評では、「安倍一味」が「朝鮮に最大の圧力を加えることについて米大統領と合意した」「北朝鮮とは条件なしの対話をしてはならない」などとし、「反北朝鮮騒動に熱を上げている」と指摘している。

さらに、こうした方針を採る日本政府に対し「米国を後ろ盾にする哀れな境遇であるのに、他国にせん越で無分別な訓示を垂れ流すのは日本の汚らわしい悪習」だと批判した。

また、「朝鮮半島でのことはその主人であるわが民族が解決する、日本には、干渉するいささかの名分もない」という北朝鮮政府が最近とみに強調する「わが民族同士」の原則も重ねて主張した。

一方、日本政府を「わが民族に代をかけてもすすげない大罪を働いた」とした上で、「日本がわれわれと相手することのできる唯一の条件は、朝鮮人民に犯した希世の大罪に対して賠償することだけである」との見解を示した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 安倍一味の反朝鮮騒動を嘲笑

【平壌3月1日発朝鮮中央通信】安倍一味が「朝鮮に最大の圧力を加えることについて米大統領と合意した」「朝鮮とは条件なしの対話をしてはならない」と悪態を引き続きつきながら、反朝鮮騒動に熱を上げている。

1日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは米国の一つの州のようになってしまったいびつ日本の政客らしい笑止千万な振る舞いだと嘲笑(ちょうしょう)した。

同紙は、日本は米国にとりすがって生きてゆく島国寄生虫だと揶揄(やゆ)し、次のように指摘した。

米国を後ろ盾にして卑陋(ひろう)な哀願をする哀れな境遇であるのに、他国にせん越で無分別な訓示を垂れるのがまさに、日本の汚らわしい悪習である。

それは、第23回冬季オリンピックの開幕式を契機にさらに赤裸々にさらけ出された。

それで、世人の嘲笑の種となった。

朝鮮半島でのことはその主人であるわが民族が知って解決すべき問題である。

日本には、それに干渉するいささかの名分もない。

にもかかわらず、安倍一味がこのように幼稚で卑屈な哀願外交にいっそう積極的に執着するのは明白に、自分らの汚らわしい野望を満たすことにその目的がある。

朝鮮とは条件なしの対話をしてはならないと言い散らしたのはそれこそ、へそで茶を沸かすということわざ同様だと言うべきであろう。

わが民族に代をかけてもすすげない大罪を働いた者らが誰にあえて条件うんぬんをするのか。

日本がわれわれと相手することのできる唯一の条件は、朝鮮人民に犯した希世の大罪に対して賠償することだけである。

それについて引き続き責任逃れをしようとし、なんとしても再侵略野望を実現しようと無分別にのさばるなら、日本に与えられるものが果たして何かというのは安倍とその手下らが自ら判断してみるべきであろう。---

    関連記事