朝鮮半島でのことはその主人であるわが民族が知って解決すべき問題である。

日本には、それに干渉するいささかの名分もない。

にもかかわらず、安倍一味がこのように幼稚で卑屈な哀願外交にいっそう積極的に執着するのは明白に、自分らの汚らわしい野望を満たすことにその目的がある。

朝鮮とは条件なしの対話をしてはならないと言い散らしたのはそれこそ、へそで茶を沸かすということわざ同様だと言うべきであろう。

わが民族に代をかけてもすすげない大罪を働いた者らが誰にあえて条件うんぬんをするのか。

日本がわれわれと相手することのできる唯一の条件は、朝鮮人民に犯した希世の大罪に対して賠償することだけである。

それについて引き続き責任逃れをしようとし、なんとしても再侵略野望を実現しようと無分別にのさばるなら、日本に与えられるものが果たして何かというのは安倍とその手下らが自ら判断してみるべきであろう。---