つづけて、「自分らに追従してわが共和国に対する侵略戦争に加担した国々をはじめ追随勢力を集めてわれわれに対する野蛮な制裁と圧迫をいっそう強め、朝鮮半島で新たな戦争を挑発する悪巧みを公然と企てた」と米国を非難した。

さらに、「米国が今回の会議で密議を凝らしたわれわれに対する海上封鎖のような制裁強化は、われわれがすでに累次明らかにした通り、戦争行為同様である」と強調した。

また、今回の外相会議について「国家核戦力完成の歴史的大業を成就し、世界が公認する戦略国家の地位に堂々と立ったわが共和国の威力に恐れおののいたトランプ一味の笑止千万な身もだえとしか見なさない」と述べた。

その上で、「われわれはこんにち、この時刻も朝鮮半島とその周辺に核戦略資産を引き続き引き込んで尋常でない軍事的動きを見せている米国の一挙一動を一つも見逃さず、注視しており、恒常的な臨戦状態を堅持している」威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事