同サイトによると、金日成氏は1926年12月にセナル少年同盟を結成し、大衆宣伝手段として、セナル少年同盟機関紙「セナル」の創刊を決心したという。報告会を通じて、青少年に対する思想統制を強化する狙いがあると見られる。

報告会には、崔輝(チェ・フィ)、朴鉄民(パク・チョルミン)の両氏が参加した。

崔氏は報告で、「主席が築いた主体的報道出版物の伝統は、金正日総書記によって代を継いで継承、発展された」と強調した。

また、朝鮮労働党の報道出版物はセナル新聞の創刊から歩みを始めたとし、「領袖の思想と指導を実現する思想的武器、千万軍民の精神力を爆発させる革命の霊剣としてその威力を力強く轟かしてきた誇らかな歴史である」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事