人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

つづけて、「安倍政権は、『自衛隊』の軍事作戦領域をアジアと世界の広い地域に拡大し、米軍をはじめ自分らの同盟国『支援』という名目の下、世界の任意の地域で侵略的軍事活動を展開できる法的足場を築いた」と指摘した。

さらに、「米国の戦争馬車に乗って日本を『戦争を行える国』につくって朝鮮に対する再侵略野望と『大東亜共栄圏』の昔の夢を実現してみようとする安倍一味の計略は、危険ラインを超えて本格的な実行の段階に入った」と強調した。

その上で、「日本は現実を直視し、無分別にのさばってはならない。もし、日本が米国をはじめとする海外侵略勢力との共助で再侵略の道を選択するなら、自滅しか与えられない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事