北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、反米対決戦での勝利は必然的とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「無敵の革命強兵と軍隊と人民の一心団結、最先端兵器と軍事技術装備を自力でつくり出す自立的国防工業に基づく朝鮮の威力の前では米帝のいかなる軍事的威嚇・恐喝と制裁・圧迫騒動も無気力になる」と主張した。

また、「敵対勢力の悪らつな挑戦と立ちはだかるあらゆる難関を果敢に粉砕して国家核戦力完成の目標を達成して米国の核威嚇・恐喝を終息させ、社会主義強国建設の活路を開いていこうとする朝鮮の原則的立場と意志にはいささかも変わりがない」と述べた。