北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は7日、米国を非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国が『北の核脅威』についてけん伝しながら、それに備えるという口実の下で共和国に対する軍事的圧迫の度合いを最大に強めている」と述べた。

つづけて、「地球上で核兵器を一番先につくって人類に核惨禍を浴びせかけた天人共に激怒する核犯罪者が誰それの『核脅威』について言い散らし、戦争の狂気を振りまいているのは実に破廉恥の極みだ」と糾弾した。