勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演が2日、平安南道(ピョンアンナムド)の安州(アンジュ)劇場で行われた。平安南道で同公演が行われるのは初という。朝鮮中央通信が3日、伝えた。

朝鮮労働党平安南道委員会の金頭日(キム・ドゥイル)、平安南道人民委員会の姜炯峰(カン・ヒョンボン)の両氏をはじめ、平安南道内の主要工場の活動家、技術者、労働者、安州市内の各階層の人々が公演を鑑賞した。

公演では、「母なる党にささげる歌」「告白」「あなたなしには生きられない」「社会主義一筋に」「進め朝鮮 並進前へ」「一気に」「駆けていこう未来へ」「平南道よ英雄的気概を轟かせ!」「黄金山打令(タリョン)」「稲刈りのうた」「豊漁歌」などの演目が披露された。

同通信は、出演者が「朝鮮労働党の偉大さを崇高な芸術的形象で格調高く謳歌した」と評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。