北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は1日、靖国神社供物奉納をめぐり日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

安倍氏は先月17日、東京・九段の靖国神社で秋季例大祭が始まったのに合わせて、「内閣総理大臣」の肩書きで祭具の真榊(まさかき)を奉納した。一方、参拝は見送った。

論評は、「首相の安倍が秋季例大祭を契機に靖国神社に供物を奉納したかとすれば、彼に代わって首相補佐官が靖国神社を直接訪れて参拝した」と述べた。