北朝鮮外務省高官のリ・ヨンピル氏は米CNNに対し、李容浩(リ・ヨンホ)外相が先月、太平洋上で水爆実験を行う可能性を示唆したことについて、文字通り受け取るべきだと指摘した。

リ氏はCNNとのインタビューで、「外相はわれわれの最高指導者の考えを熟知しており、彼の言葉は文字通りに受け取るべきだ」と述べた。

リ氏はまた、米国の軍事的けん制や制裁圧力が「外交(的解決)につながると考えているのなら、重大な間違いだ」と指摘。さらに、北朝鮮と米国との間に外交チャンネルは存在しないと述べ、「米朝間の対話のパイプは開かれている」としてきたティラーソン米国務長官の主張を否定した。