北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、米国が「朝鮮半島で核戦争騒動にいっそう狂奔している」と糾弾する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「尋常ならぬ軍事的動きはトランプが吐いた共和国の『完全破壊』という妄言が老いぼれ精神病者の即興的言動ではなく、米国の対朝鮮敵視政策の発露であり、それが威嚇・恐喝の段階を超えて無謀な行動の段階に入ったということを示唆している」と述べた。

つづけて、「そのようなアメリカ式虚勢が他国には通じるかも知れないが、わが国家には絶対に通じない。米国の歴代大統領はわが国を圧殺するためにさまざまな策動をしたが失敗を免れられなかった」と強調した。